ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.02.11 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.10 Sunday

ボックス!

評価:
百田 尚樹
太田出版
---
(2010-03-18)
コメント:後味の爽やかなボクシング小説だ

 永遠の0で泣かされたので、最近百田さんの本を読み漁っている。

持ち歩くの面倒なので文庫化されているものばかりだ。

読んだのは「モンスター」「影法師」そして「ボックス!」である。

モンスターは怖ろしくブサイクな女性が改造手術ばりの整形を行い、復讐に来るという話で後味が私好みであったが、「影法師」は時代劇だが先がよめてイマイチだった。
「ボックス!」も先がよめるが、なんだろう分かってはいるけどやめられない的な魅力のある小説だった。
後味が笑ってしまう位爽やかである。

高校生ボクシングの物語なのだが、舞台が大阪ということもあり文庫本二冊を通勤だけで4日で読破した位ハイペースで読んだ!
下巻は家に着いてもよみ続けお風呂でラストをむかえた。

友人から映画化されていると聞き、読み終ったあとに予告編を見て涙した、今度かりて来てみようと思う。

キャストについては、メイン2人はイイが脇役達は随分イメージと違う。

まあ、監督のイメージを映像化したのが映画だから、私のイメージと一致する筈は無い。

それにしても、たまには司馬遼太郎以外を読むのも面白い。

しかし、今回改めて気づいたのは、うんちくが物語りに深みをもたらすという事だ。

百田さんも司馬遼もしつこいほどに説明が入る、そこがたまらなく好きだ!


2012.12.08 Saturday

永遠の0

評価:
百田 尚樹
講談社
¥ 920
(2009-07-15)
コメント:すべての日本人に読んでほしい

いい本を読んだ、そんな心地よさが先ず第一の感想だ。

特攻隊員であった祖父の事を、祖父を知っている人たちに話を聞いて行くという「壬生義士伝」的構成であるが(壬生義士伝もオススメです

感情のピークが波の様に訪れ涙なしには読む事はかなわない、私はちょうど風邪を引いていたので通勤中マスクをしていたから、あまり周りを気にせず思いっきり泣きながら読みふけっていた。

冒頭、ある記者が特攻隊員はテロリストだと言った、その文字を読んだ時かなりの衝撃を受けた。
日本人でテロリストだと感じる人は少数だと思うが、海外からみるとテロリストとみられても仕方ないと感じたからだ。
世界でもかわった風俗を持つ日本ではあるがなかなか本質を理解するのは難しい、私も日本人ではあるが理解しているのかはあまり自信がない。

ちょうど故三宅久之氏が遊就館を訪れた際に花嫁人形をみて号泣していた場面をみたばっかりだったので、終盤の特攻隊のエピソードのあたりはもう泣きっぱなしでした。

そして、零戦ってすごい戦闘機だったんだなと改めて驚いた。
しかし劇中の誰かの台詞であったが、戦争は総合力なのだととも再認識させられた、どこかがとがっていても意味がないのだ。

個人的にはヤクザが主人公を抱きしめたシーンがその後のちょっとした伏線になっていて好きだ。

すべての日本人に読んでほしい。

岡田君の映画にも期待したい、絶対観に行く!!


2012.06.21 Thursday

城塞

 上中下と三巻構成の城塞を読んだ。

何ともいえない後味がある作品だ。

舞台の城塞は大阪城の事である。

大阪城は毎日見える場所でここ数年は仕事をしているのでたまに眺めながらボーっと物思いにふけってしまうこともある。

時代は大阪冬の陣の前から始まり夏の陣で終わる。


私は、特に日本の歴史が好きというわけではないが、司馬遼太郎の本は全部読みたいので、最近は戦国時代を重点的に読んでいる。

大阪城は、たとえが悪いかもしれないが、大まかなイメージは銀英伝で言うとこのイゼルローンだ、難攻不落の要塞だ。

難攻不落の要塞という物は、力押しではなかなか落ちない・・・・だから人間同士の騙し合いになるのだが、どうも関ヶ原にしろ大阪の陣にしろ、西側は勝てるかもしれない可能性を内側からつぶしている、そこが後世の我々からみるともどかしく、憂いを含んでしまうところなのだが・・・・

この作品を読んで秀頼の評価はかなり変わった、子供というイメージしかなかったが関ヶ原から十数年後なので年頃の若者になってる。(子供までいる)
秀吉がもっと若いときに生まれていればとか、母親が淀殿でなかったらとか、たらればの話をすれば切りがないのだが、やはり豊臣の滅亡というのは、そういった気持ちに傾いてしまう。

中巻から真田幸村が登場する。
この時代では信繁と呼ばれていたらしいが、文中で司馬遼太郎がここではあえて幸村と呼称する、みたいなことを書いてあって、そこからピッチが上がった。

いやー幸村は凄い

安居天神というところで亡くなったらしいので今度行ってみたくなった。
そういや、職場からすぐで真田山だ!!

30万対3万と十倍の差だが、夏の陣では本陣を幸村が何度襲い、家康は逃げに逃げたらしい。
ある時間では確実に勝っていたのだ、ただ予備兵力もなく援軍もない、疲労がたまり、やがて動けなくなる・・・そうなると大軍の波にのまれるだ。


このとき戦国時代の終わりを大阪城が焼けることで日本中に知らしめたのだろう
時代の流れという切なさを感じる作品でした。

下巻の解説にやたら面白いと書いてあったが言い表現だと思います。


2012.04.29 Sunday

ランニング中にちょっと・・・

 今日に久々昼間に走った、天気も良く暑かったw

そのときに、飼い犬が事故にあった現場に遭遇した。

事故の瞬間は見ていないが大きな声が100m程先から聞こえて来たのを覚えているので数秒前に起きたのだろう。

最初は何か分からなかったが、凄い血と、飼い主?が「あぁ〜あぁ〜」といいながら必至に抱きしめているのをすれ違い間際に見た。

そのまま、わたしは少し涙を流しながら走った、止まらずに走り続けた。

2㎞ほどのコースなので約10分後にその場所を通った時にはもう当事者達はいなくなっていて血の跡だけが残っていた。

現場は、比較的大きな幹線道路だ。
中央分離帯もあり片側2車線の道路だ、連休中ということもあり混雑気味で約30㎞/h位のペースで流れていた。

たしか事故を起こした車は主婦が乗る軽自動車のワゴンだった。

私自身は動物は好きだし、ペットは家族だと思っている。
今でも何年か前に亡くした猫の話になると、酒が入ると涙がでる。

おそらく、あの体格であの出血量なら助からないだろうと推測する、たぶん犬種はジャックラッセルテリアだろう、かなりやんちゃだ。

リードがついてなかった様な気がする(走っていたので、ちゃんと確認したわけではないが)。

血の跡は片側二車線のちょうど真ん中あたりから歩道にかけてあったので、犬が飛び出したのではないか・・・・と思われる?

不幸な事故ではあるが、車を運転していた主婦がこの場合被害者だろうと私は思う。

決して暴走していたわけでもなく、流れに沿って走っていただけなのだ。

飼い主の気持ちを考えるといたたまれなくなるが、全ては飼い主の責任だ。

こういった不幸な事故をなくすためにも、飼い犬の躾けと管理はちゃんと行って欲しい、走りながらそんな事を考えていた。


JUGEMテーマ:日記・一般




2012.04.17 Tuesday

蘭陵王

評価:
田中 芳樹
文藝春秋
¥ 690
(2012-03-09)
コメント:切ないファンタジー

 余りにも美し過ぎるため仮面を被って戦場に出たという中国の武将である。


時は隋の前、周が中国を統一する前の時代である。

周、斉、陳という正に三国時代(南北朝時代と言われる)

有名な三国志の時代からは約300年後の世だ。

余談であるが私は三国志を読んでいない。

西暦で言うと560年頃になる

聖徳太子が574年生まれだから日本がちょうど飛鳥時代のころの話だ。

その頃から20万人規模の軍隊で戦争をしていたのだから、大陸というところは想像を超えた広さと人の多さだw


田中芳樹作品らしく、愚劣な人間はとことん愚劣に書いてあるのだが、そこは大陸の風で規模が違う!!

国が滅ぶということはこういう事だというお手本が中国の歴史には数多くあるように思う。

正しいことを行う人間を追い落とし、策謀と私欲にみちた結果、当人達は何故国が滅びたのか分からないままに死んでいくのだ。


その最もな人物はこの後の隋の煬帝だろうが、煬帝は出てこない(楊堅はちょっと出てくる)


さて蘭陵王、という人物だが文武ともに優れた人物であったようだ、讃える歌が出来るほど人望もあった。


歴史のifを言い出すと切りがないのだが、彼が生きていれば周の中国統一はなく結果、隋も誕生しなかったかもしれない。


物語の中で、彼は王族としての義務を果たさなかった自分を責めた。


中国の話を読む時、非常に困るのが名前だ、読めないし全然覚えられない・・・

なので、主要人物以外はほとんど読まずに記号として流している

どうも名前とは認識しがたいのです。


それはいいとして、一冊で終わるし切なくはあるが読んだ後心地いい、お勧めの本です。

2012.04.08 Sunday

国盗り物語

 国盗り物語


大きく二部構成の本作、前編は蝮と呼ばれた斉藤道三、後編は織田信長、明智光秀を軸に四冊で構成されている。

JUGEMテーマ:読書

斉藤道三ですが、基本的に戦国時代に興味がなかったのでイメージすら持っていなかったのですが、戦国時代の幕を開けた人物といってもいいでしょう。

僧、油売りを経て国持大名になったという、正に下克上の人だ。


天下を夢見て国持にまで成ったが、天下を取るには人生は短すぎた様だ。

信長の様に、国持からスタートしていたら天下は道三のモノだったであろう。


斉藤道三と織田信長に共通するのは、既成概念の破壊だ。


道三は元僧というだけあって神仏の権威を利用し、信長は完全に否定した。


信長と対立した宗教組織は本願寺が主たるものだが、この頃の本願寺の思想は親鸞の思いとはかけ離れていた。

仏教でありながら一神教の様な性質を持っているところが興味深いところではあるが・・・

後に家康が西と東に組織を分けそれぞれを対立させることにより勢力を相殺した。

余談ではあるが、この作品に登場する家康は爽やかで好感が持てる、後の権謀家の影もないw


古今東西、組織というものは最初の何代かは創始の思想を受け継ぐが、絶対的と言っていいほどに腐敗する。

現在の言葉で言えば官僚化するのだ。

基本的に人類の歴史はその繰り返しだ、お隣の中国をみると大体300年おきに皇帝が変わっている、すなわち革命が起きる。



日本という国の希有なところは、徹底した血統主義があるだろう。

実権はないとはいえ天皇家を温存した。

中国で革命が起きると一族皆殺しが基本だが日本では希だ(ないこともないが・・・)


ちょっと話がそれた。


そして明智光秀だ、光秀は信長の嫁の従兄にあたる。

幼い頃より、道三に可愛がられ教養を身につけるが、道三没落の後は浮浪の浪人となる。


光秀と言うと、「明智の三日天下」しか連想できなかったが、司馬遼太郎はこの人物が好きなのだろう、描き方が好意的だw

私の主観を言うと、「空気が読めない人」となる。


しかし後世から見ると歴史は結果論でしかない、その時代の流れにいる彼らは駒ではなく個々の人生を持った一人の人間なのだ。

少し興味が出てきた。


2012.03.03 Saturday

燃えよ剣

評価:
司馬 遼太郎
新潮社
¥ 780
(1972-05)
コメント:よっ!!男土方

 活字中毒復活につき、二冊一気に読んだw

司馬遼太郎読破はまだまだ遠そうです(まだ三分の1位)

さてさて、ほとんどがそうだが、私が生まれる前の作品です。

全然色あせることのない文体は司馬遼太郎らしい、一度受け入れると直ぐに引き込まれてしまう。

さて、燃えよ剣です。

新撰組、副長土方歳三の話

新撰組というと私は悲劇的な最後、歴史に逆行した集団、人殺しの集団という分かり易いイメージを持っているが・・・・

あの時代なにが大道なのかってのはものすごく不鮮明で当事者達にしてみたら全ての行動が大まじめなのだ。

しばらく時間がたった私達の目からみると、価値観や想いを想像しながら考えないといけない、今の価値観で考えるとただのヤクザな集団になってしまう。
勝者が歴史を作っていくと言うことを忘れてはいけない。

その中でも土方歳三という人物は特異な感じがする。
ある意味合理的だし、思考がシンプルだ。

リーダーではなかった土方歳三だが、近藤勇を頭として置き、組織造りと運営は土方が受け持つ適材適所が良かったのだろう。

大筋としてはほとんど知っている内容(歴史的な観点)ではあったが、細かいエピソードで気に入ったところは、沖田総司の最後とお雪さんとのエピソード、鋼鉄艦を襲撃した時にみた菜の花のエピソード(まるでブライトがフラミンゴの群れを見たときみたいな感動があった)

少年漫画の様にワクワクして読みました。

いやぁー本はいいねぇ!!
2012.02.12 Sunday

播磨灘物語

評価:
司馬 遼太郎
講談社
¥ 660
(2004-01-16)
コメント:黒田官兵衛の話

 タイトルからは分からないが黒田官兵衛の話

私は基本的に戦国時代にあまり興味がない、しかしながら司馬遼太郎の小説が好きなのとちょっと活字から遠ざかっていたので、何か読みたいと思い読み出した。

全4巻の本作は意外にものめり込んでしまうほど面白かった。

Quanfioyeと戦国期に来日した宣教師が残しているらしい、表記から想像するに、「くぁんひょうえ」と当時は発音したのだろう、思うに戦国時代の日本人と現代人は会話するのは難しそうだw

そういった司馬遼太郎のうんちくが知的好奇心を刺激する!!

後に筑前五二万石の大名になる官兵衛が福岡という地名をつけたのにはびっくりした。

家督を息子に譲ってから、天下を狙いに行く所などは痛快だw
息子がもう少し無能ならば家康は関ヶ原で負けていたかもしれず・・・
もし官兵衛が天下を取っていたらカトリック信者が日本を統治するという今では想像も出来ない後の歴史になっていただろうw

物語の舞台はほとんど姫路から京都のあたり、尼崎や伊丹の地名も良く出る。
前に住んでいた近くで処刑があったなどのエピソードがありテンションが上がりましたw
伊丹城に幽閉されたときはどうなるかハラハラもした。

あまり興味がない戦国時代ではあるが、面白かった。





2011.11.04 Friday

ステキな金縛り

 久しぶりに夫婦で映画をみて来た。

お腹が痛くなるほど、笑ったw
三谷幸喜作品は古いのから順番で観るのをおすすめする
内容には直接関係ないが小ネタを見過ごしてしまってはもったいない。

しかばね荘のマークと鹿ガラのクッションで吹き出してしまった(>_<)


それにしても、西田敏行のアドリブや、いつまでもキュートな深津絵里には脱帽です。
テンパった中井貴一もよかったし、阿部寛はちょっとキャラがうすかったかな⁈

語りきれないほどの豪華キャストですが、もう一度観に行ってもイイかもしれない(>_<)
2011.10.18 Tuesday

SoftBankでちょっと・・・

 別にTwitterでも良かったんだけどたまにはこっちで書こうと思う、長くなりそうだしw

さてさて、先日iPhone3GSをソフマップに売りに行ったら利用制限が云々で売却出来なかった。
その旨の確認でSoftBank(ヨドバシの一階)に話を聞きに行った。
まあ利用制限については納得いく内容だったので特に書くことはないのだけれど、私が説明を受けている時に来店した女性客に閉口した・・・

苦情を言いに来ていたのだ、その内容は、iPhoneのアップデートをしたらデータが全部消えたらしい。
それはそれで、災難ではあるが、その女性客は怒りのはけ口を若い男性店員に決めたみたいで、くどくどと毒を吐きまくっていた・・・

見るに堪えない聞くに堪えない事象が目の前で繰り広げられていたのだが、だんだん腹が立ってきた(逆ギレの心境に近いw)

そもそもキャリアに言ってもしょうがない部類の話だ、数々の使用承諾にYesと答えてアップデートしたのだから自己責任としか言いようがない。

百歩譲って女性に非がないとしても、文句を言うならAppleにだろう・・・

あの男性店員にとっては災難以外の何者でもないなw

まあ、バックアップさえ取ってればさくっと元に戻るのに取っていなかったのだろうか?
このご時世、バックアップはエチケットでさえあると思う。

3GSから4Sへの移行もバックアップの復元で行ったこれが一番楽だw
確か、アップデート前に強制的にバックアップを取っていた気がするが・・・・

冷たいようだが、よく分からないのなら分かる人を捕まえて管理させるか、らくらくホンにすることをお勧めする。

以上


Check
Powered by
30days Album
PR