ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 永遠の0 | main |
2013.02.11 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.02.10 Sunday

ボックス!

評価:
百田 尚樹
太田出版
---
(2010-03-18)
コメント:後味の爽やかなボクシング小説だ

 永遠の0で泣かされたので、最近百田さんの本を読み漁っている。

持ち歩くの面倒なので文庫化されているものばかりだ。

読んだのは「モンスター」「影法師」そして「ボックス!」である。

モンスターは怖ろしくブサイクな女性が改造手術ばりの整形を行い、復讐に来るという話で後味が私好みであったが、「影法師」は時代劇だが先がよめてイマイチだった。
「ボックス!」も先がよめるが、なんだろう分かってはいるけどやめられない的な魅力のある小説だった。
後味が笑ってしまう位爽やかである。

高校生ボクシングの物語なのだが、舞台が大阪ということもあり文庫本二冊を通勤だけで4日で読破した位ハイペースで読んだ!
下巻は家に着いてもよみ続けお風呂でラストをむかえた。

友人から映画化されていると聞き、読み終ったあとに予告編を見て涙した、今度かりて来てみようと思う。

キャストについては、メイン2人はイイが脇役達は随分イメージと違う。

まあ、監督のイメージを映像化したのが映画だから、私のイメージと一致する筈は無い。

それにしても、たまには司馬遼太郎以外を読むのも面白い。

しかし、今回改めて気づいたのは、うんちくが物語りに深みをもたらすという事だ。

百田さんも司馬遼もしつこいほどに説明が入る、そこがたまらなく好きだ!


2013.02.11 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR